分譲マンションにおける大規模修繕工事|建築物に関わる必要な知識

男性

計画的な大規模修繕工事

女性

分譲マンション等の建物を購入した際には、一定期間後に大規模修繕を行なう必要があります。大規模修繕というのは、文字通り大規模な修繕作業です。ここでは、まず修繕という言葉の意味について知っていきましょう。ここでいう修繕は、同じ材料を用いて元の状態に復元し、建築当初の価値を回復させるといった定義で使用されています。大規模修繕における大規模というのは、建築物における主要構造部における過半以上の修繕範囲のことです。つまり、大規模修繕というのは建築物の大部分を新築同様の状態に戻す作業なのです。この作業は、建築物の老朽化を防ぐことを目的として行われます。
大規模修繕には多額な費用が掛かるため、実施時にはしっかりとした計画立てが必要になるでしょう。分譲マンション等の不動産経営であれば、事前に管理組合と長期修繕計画書を作成し、修繕積立金の必要額も計算しておくことが大切です。必要額の積み立てが達成できたのであれば、長期修繕計画に沿った大規模修繕を実施しましょう。また、分譲マンションにおいてそれを実施する際には、再び管理組合との集会で実施の可決を取る必要があります。その可決は区分所有者数の過半数と議決権の過半数が賛成することによって決まります。非常に大きな金額が動く大きな修繕工事なので、それだけ慎重に行う必要があるのです。初めての大規模修繕であれば、コンサル会社に依頼してサポートしてもらうことでスムーズに計画を立てることができるでしょう。

綺麗な水を供給

作業員

水を使用する業種において、給水管の赤錆というのは避けるべき問題です。給水管赤錆対策を行ないたいと考えているのであれば、濾過装置の導入がお勧めです。濾過装置の導入により、水道管内の水質をより良いものにすることができるでしょう。

もっと知ろう

テナント退去時の工事

男の人

賃借契約満期後、現状復帰工事を行なう際にはそれを行なう業者に依頼を出す必要があるでしょう。また、そういった業者を選ぶ時には、自身の契約内容に合った現状工事を行なってくれる業者を選ぶ必要があります。

もっと知ろう

足場を利用しない外壁工事

工事現場

建築物に関係する工事を行う際には、足場を利用することが一般的でした。近年では、外壁リフォーム等において無足場工法を利用する業者も増え、工事費用と工期の大幅削減を実現しています。

もっと知ろう